あずきちゃんに家族が出来ました

チワワのあずきちゃん、
2週間のトライアル期間を終え、家族が出来ました!!!

とっても優しいパパとママは、ビビリなあずきちゃんとゆっくりと向き合ってくださり、
今ではあずきちゃんが、「自分のおうち」としてくつろいでいるようです。
お散歩もだいぶ歩けるようになったとか。

昨年の12月、レスキューされた日のあずきちゃん。

このときのあずきちゃんは、見るもの全てが怖くて、
まばたきもせずにブルブル震えていました。
だから目が真っ赤で。
そしてもちろん、香しい保護犬の香りがしまして、
でも、「チワワって寒がりだよなー」と思ったので、
搬送中の車の窓を開けられず(笑)。
今考えたら、カゴを毛布で包んで、少し開けても良かったですよね(笑)。

なんでバリケンではなく、このようなカゴに入っているかって、
代表が「このこビビリだからさー、バリケン入れてもたぶん、自分で出て来ないし、
だからって手突っ込んで出そうもんなら怖くて噛み犬になるかもしれないから」と、この上が開くタイプのカゴをチョイスしたのです。

そんなあずきちゃんも今となっては・・・

 

ででーん。
お部屋で、お腹出してくつろいでます。

うーん、我が家に2ヶ月いたけれども、
こんな格好で寝っ転がっていたことはないぞー!
預かりスタッフは皆、「本当の家族の力はすごい」って言うけれども、
それを痛感しました。
全然違うんですよね、預かり宅と本当のおうちでは・・・。

あずきちゃんの全てを受け入れてくださった、里親様。
あずきちゃん、いっぱい甘えて、幸せに暮らすんだよ

本当にこのご縁に感謝しております。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。