カプアちゃん病院へ

カプアちゃんのおしり左側が腫れていました。
おかしいね、シャンプーしたときは肛門腺は何も出なかったのに。

病院で肛門腺を絞ってもらうも、

出ない。
何も出ない。

中から絞ってもらうも、

出ない。

カプアちゃん我慢、の図。
目がテンだよ。

先生が

あ、これは固いものが栓になってますね

と。

それを取り除くも、出ない。

結局、注射器で開通させて、
中を出してもらったのでした(((・・;)
長い間、お手入れしてもらえなかったからね…。

頑張ったねー。

カプアちゃん、もう腰砕け。

この間、ずっと私が保定してました。
病院では、知らない人に触られるよりも、
じっと出来るコなら、飼い主が保定、という方針なのかな?
そういえばいつも私が持ってる気がする。
なので写真は合間に撮ったものです。

カプアちゃんも
動かないでいられる我慢のコ、認定です。
エライ、エライ。

レスキューされたらもう辛いことなんて無いよ、と言いたいところだけれど、
色々出てきちゃうことだってあるよね。

生き物だから仕方ない。
人間だって同じこと。
年を取るし病気もする。
でも人間は治療の意味を理解出来るし、
薬を飲んだら治るって理解出来る。
でもコノコ達は、痛い治療の後は楽になるって知らないし分からない。

足なんてこんな。
あ、そろそろバリカンしなくちゃ。


立てなくなるほど怖かったのに、
一言も声をあげず、
ほんとによく頑張った。

大丈夫だよ、取り除けるものだったから、
すぐに良くなるよ。

それにしても可愛い可愛いカプアちゃんなのでしたニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です