こももたん

ももたん、ももたん、こももたん

病院に行きましたよ

蓋を開けると、自分で外を確認します。

避妊手術は、無事に終わりました。
でもお腹の中は帝王切開で癒着していて、
更にいい加減な処置だったのか、
脂肪が縫い目であろう場所から、
ヘルニア状に飛び出していたそうです。

デンタル処置もしてもらいました。

大きな歯石で汚なくてグラグラの歯を11本抜いてもらいました。

本当に今まで、
人間たちのためにありがとうね…

------

この日、病院に行ったのは、眼振の検査のため。

前肢後肢の反応を診たり

こうしている間もフリフリしている小桃ちゃんなのです。

内耳の炎症とか環軸が原因であれば、
治療が出来る可能性があるからラッキーなんだけど、と
上から横からレントゲンを撮ったりしましたが

耳と首には異常が見られず、
原因は分かりませんでした。

神経検査の結果を診たり、
回ってしまう癖や、
眼振の運動性を診る限り、
視力が原因の眼振でも無さそうで、
前庭または前庭を刺激する場所に
何か原因がありそうです。

これ以上は、CTやMRIでの評価が必要なのですが、
それぞれにリスクも高くて。
それに例えば脳腫瘍だったとして、
摘出しても、
症状が出るような場所にある腫瘍だから、
今の症状よりも大きな後遺症が残る可能性も高くて。

一過性の症状である可能性もあるそうで、

それなら、少しの間、様子を見てから検査した方がいいね、

ということになりました。

今は元気にご飯食べて、
元気にフリフリしてるからね。

ずっとずっと見えない状態でゲージにいたこととの相乗効果で、
回っちゃうけれどね。

現状より酷くなったりするようなら、
検査を検討したいと思います。

人にとっても優しい小桃ちゃん。

でもまだ、人をすごく信用しているという感じではなくて、
フリフリしているのは
「私は何もしないから、意地悪しないでね~」
とアピールしているだけ。

その姿がとても健気で…
可愛らしくて。

ただね、私が言うのもアレですが、
写真映りがよろしくないので、

隔離を解除したら、もっと可愛い写真を撮れるように、
動画なんかも撮りたいと思います。

可愛い可愛いコモモちゃんにも温かい家族が出来ますように。

正直なところ、
ケアが必要、かつ、緊急性がない症状のコには、
保護犬という段階で出来ることは
すごく限られてしまいます。
それは一度オペをしたり、
一度大きな検査をしたために、
後遺症が大きく残ったり、
次の治療に影響が出る可能性も考えると、
里親さんの選択肢を狭くしてしまうことになるから。

ならうちのコに…

いつもいつも頭の中に、
そんな考えが出て来ます。

でもね、うちのコにしてしまったら、
その枠で保護犬を助けられなくなるし、
我が家は留守番もあって、犬がバタバタ出入りして
決して恵まれた環境ではありません。

私が「こんなに可愛いならうちのコに…」
と思ってしまう位だから、
きっとどこかに同じように考えてくださる方がいると信じて

家族募集を継続したいと思います。

小桃ちゃんを大切にして頂けるなら、
関東甲信越は勿論、
他は車中一泊でお届け出来る範囲でしたら、
検討させて頂きます。
それ以上はご相談…ね(≧∀≦)

フットワークが軽いあこさん家。
今までは、名古屋と福島にお届けしてます。

2月最初の土曜日のリフレックスさんの譲渡会に、
小桃ちゃんらしくお洒落して連れて行きますので、
良かったら会いに来てあげてください。